最初の半年

外国に住むと、最初の半年は辛いことばかりで日本に帰りたくなる、とよく聞きます。
人によっては3年かかった、とかもね。
人によって違うし、何年かかってもその間、特に病気にもならずにいたら、
きっと良いことがあるはずなのです。
人生を楽しめるかどうかはその人によるのです。
自分から矢野氏もうとしない限り、絶対に楽しくはなりません。
なんでも「いやだ」「辛い」だけでは前に進めないのだ。

外国、に限りませんね。
日本国内の、知らない土地に転勤になった、とか、結婚して移り住んだ、とか。
そこで踏ん張らないとずっと苦しいだけです。
自分で選んできたのなら、辛い・辛い、だけではなくて楽しみましょう!
良いことはあるはずなのだ、気がついてないだけで。
ただ、外国の場合は言葉の壁もあります、でもそこだって、ある程度頑張れば良い。
完璧になんかなれっこないから、少なくとも生きていけるくらいにまで、、結局は本人による努力です。

このブログ記事について

このページは、しゅうが2021年3月 1日 19:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久しぶりに餃子を食べた!」です。

次のブログ記事は「手先が冷たい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。