ハイキング

ちょっとしたハイキングでも、危険というのはあるものだ。
それが登山、、本格的な登山になると危険と隣あわせ。
私は映画をみて、ぜったいに登山はしないって誓っています、その前から興味はないけど。
だってあんな寒いところに、何日もかけて行って昇るのですよ。
お風呂もなく、雪山を登っていく、、考えられないんです。
それでも昇りたい人がいて、それがあとをたたない。

危険は分かっているのでしょうけど、でも、甘い人もいます。

映画を見て、プロの登山家も「うまく出来てる!」と称賛したようなのですが、
震えあがるくらいでしたし、うまく出来てるってことは、
あんな感じで、、、、それはそれは怖いんですよーーー。

最後は何人も遭難してしまう、じっさいに起こった話なんです。

俳優さんたちも、じっさいに登山を経験して、その臨調感を出したそうです。
だからっていうのもあるけど、寒いし、、、こわい。
嫌だーー、あんな目にあいたくなーい。

ハイキングだって、天気がよくて、比較的なめらかで、暖かい日で、
人がたくさんいる、ってシチュエーションじゃないと嫌です。
楽しい楽しいハイキング、、、なんてないと思った方がいい。

山の天候はすぐに変わるし、変わってから動くのも危険なのだ。
雪山ではもっと怖いので、、、まぁ、、、興味本位では行かない方がいいですね。

気を付けましょう!
怖いです、、、登山も、ハイキングも。

このブログ記事について

このページは、しゅうが2020年1月 1日 23:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「香港から」です。

次のブログ記事は「カレンダー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。