ピンで髪の毛を止める

ピンを使って髪の毛を留めていたら、そのピンをとるのを忘れて髪をかきあげてしまい、
手にあたって痛かったり、、、、

忘れはしなかったけど、ピンがズレてきて宅配便が来て、
そのまま出たらなんだか笑っていたり、、、(まだ気づいていない)

ピンをしてると面白い事がたくさんある(!!)。

でも髪の毛がうるさく感じる時は止めた方がらくなので止めたりします。

昔はたくさん持ってたピンも、今は探さないと家の中にない感じ。
それは、買ってはいるけど、どこにしまったか覚えていないか、
覚えていても探すのが面倒だったり(どこまでズボラ)、
そうこうしてるうちになくしたり、、です。

もっとたくさんあったはずなんだけどね、また買ってこなきゃいけない。

買いに行く時間もないけど、スーパーにもあるからまた買っておこう。
そして「ここにしまった」とメモしておけばいいのだな。
忘れやすいし、小さいから見つけにくいのだ。

鏡の前に置いておけばいい?
あまり鏡の前にいませんし、鏡、、、ないんだよね、うちにはあまり。
手鏡で生きていけます、女子力・・・なし笑

だから髪の毛がのびたら「とめておこう」だし、あまりにも伸びてきたらやっと美容院の予約、です。
ズボラなのだ。
でもいいのです、それでも生きていけるから。

このブログ記事について

このページは、しゅうが2019年10月 1日 00:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「行き先」です。

次のブログ記事は「穴の大きなビーズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。