行き先

飛行機が、まさかの目的地を間違えてた!ってことがあります。
ドイツのデュッセルドルフに行くはずの飛行機が、イギリスのスコットランドに到着。
でもさー、アナウンスがあるはずだよね?
ヨーロッパの便って数時間で到着しちゃうからすごい問題にもならなかったみたいだけど(!)。

到着してから気づいた乗客が申し出て、
貴重も乗組員も「間違えてないと思ってた」ということで、
燃料を入れてすぐに目的地のデュッセルドルフに向かったのだそうです。
食事とかもあまりないのでよかったんだろうねー。
しかしなんということだ。

どうして乗組員もキャプテンもそんな思い込みをしてしまったのだ。
乗客はあんがいこれを面白がっていたというのも面白い。

でも、、、最初にも書いたけど、機内アナウンスとか、
乗る前に電光板でも行き先は書いてあるはずでしょ。
機内で記入する書類もあったかもだし、そういうところから分からなかったのかな?
乗客も、着くまで気が付かないって、、、汗
到着する前に、窓から見える景色が「おや?」って思った人がいたらしいけど、
グーグルで自分の位置を確認するまで気が付かないとか、、
あり得ないので余計面白い。
こんなこともあるんですねー。
気を付けよう(気を付けるって!?)。

このブログ記事について

このページは、しゅうが2019年9月 1日 17:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「決断のとき」です。

次のブログ記事は「ピンで髪の毛を止める」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。