2014年9月アーカイブ

命についての教育...

テレビのニュースやネットなんかでたまに見ることがある子供が子供を生んで捨ててしまう事件。

自宅で出産してそのまま家に放置したとか捨てたとか...。

そういう事件で多いのが10代の女の子...。

まさに子供が子供を生んだとしかいいようがありませんね。

家族が子供の妊娠にまったく気づかなかったなんていうケースも多いですね。

いったい今の世の中どうなっちゃっているんでしょう。

助産師をしている私には生命の大切さがどれほどすごいことなのか痛いほどよくわかります。

なのでこういうニュースを見聞きすると日本の終わり...を感じてしまいます。

不景気不景気と騒ぐけど、不景気どころの騒ぎではありません。

妊娠ということがどういうことなのか、母親になるっていうことがどういうことなのか、そういう教育がまったくなされていない結果ですね...。

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。