2014年8月アーカイブ

終戦記念日に思う

もうすぐ終戦記念日がやってきますね。

助産師という生命の誕生に携わっている私は毎年この季節になるとなんとも切ない気持ちになってしまいます。

命というものがどれだけ大切なものなのか、それを一瞬にして奪ってしまった戦争の恐ろしさ...。

戦争とは「殺人」ですよね。

かわいい赤ちゃんが誕生した瞬間の幸せな気持ち、この気持ちをどうやったら「殺人」を犯す大人に変えていけるのか...。

不思議でなりません。

終戦からあまりに長い月日が流れて戦争という殺人を経験した人たちが少なくなっていますよね。

もっともっと過去の過ちを語り継いでいかなきゃいけないのでは...と思ってしまいます。

学校でも同様ですよね、算数や英語も必要かもしれないけどもっともっとこういうことも勉強しなきゃいけないんじゃないのでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。