2013年7月アーカイブ

助産師、私の心

助産師の仕事、長年続けているといろんな人と出会います。

とても幸せいっぱいに赤ちゃんを手に抱く人、不安いっぱいの顔を隠せない人。

出産前からシングルマザーで頑張ることを決めていて出産と同時に新たに強い意志を固める人...。

本当にさまざまな人がいるんだけどみんな幸せになれているんでしょうか?

たまに暇な時ふとそんなことを考えてしまうことがあります。

お産が終われば私と妊婦さんの関係はそこで終わり。

その後どういう生活を送っているのかはわかりません。

今まで私がであってきた多くの妊婦さん、みんなが幸せになってくれていれば嬉しいんですけどね。

同じ仕事をしている主人、主人もそんな気持ちになることがあるのかな?

そんな話はしたことがないからちょっと気になっています。

 

ちょっとだけ暇な私

最近なんだかちょっと暇な感じの私。

どちらかというと冬の方が忙しい日が多い気がします。

助産師という仕事を始めて小さな命の誕生をたくさん見てきた私。

命の誕生は何度見てもやっぱりすごく幸せな気持ちになれるしうれしいものですよね。

他人の子供の誕生が何でそんなにうれしいのかって思う人もいるだろうけど実際その場に立ち会えばきっとみんな私と同じ気持ちになるはず。

命ってすごいですよ。

我が家では旦那も私と同じ助産師という仕事。

夫婦そろって助産師っていうのもなんだかすごいよね。

とはいっても二人で仕事の話をすることってそんなに多くないんだけどね。

お互いにお互いの仕事には口出ししないようにしているからね。

同じ仕事だから特にお互いの考え方が違う部分もあったりするから家庭には持ち込まないようにしているんだ。

 

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。