2013年5月アーカイブ

助産師、心のケアも大切

助産師...新たな命の誕生に立ち会えるとってもすばらしい仕事だと自分の仕事を誇りに思っている私。

だけど決して立ち会う出産がすべて手放しで喜べる事例ばかりではないんですよね。

新たな命の誕生...中には残念な結果が待っている場合もあります。

出産経験のる経産婦さんであってもこれは経験したことのない人にはわからないことだと思います。

死産や流産...いろいろな事情で元気な赤ちゃんに出会えないということもあるんです。

そういう例は決してめずらしいことではありません。だけど経験したお母さんはそんな風になかなか思えないもの...。何か自分がいけなかったんじゃないか、自分の体に落ち度があったんじゃ...なんて悩み苦しむもの。そういうお母さんたちの心のケアも私たち助産師にとって大切な仕事です。

 

助産師夫婦の日常

夫婦で同じ仕事をしていると分かり合えていいよね...なんて知人からはよく言われるんだけど私たち夫婦は自宅で仕事の話ってあんまりしないんですよね。

助産師という仕事は相手がいることだからやっぱり個人情報ってことになるし、家に帰ってまで二人で仕事の話をするっていうのはなんだかいろいろ考え方の違いもあるしギクシャクするもとを作ってしまいそうな気がします。

もちろんお互いに職場で何かあった時には悩みを話したり意見を求めたりってことはするんだけどね。

家にいる時は夫婦で違った会話を楽しむ方が幸せでいられる気がします。

助産師の仕事はかなり神経を使っちゃうから休日は出来るだけ二人とも一人でゆっくりと自分の趣味に没頭する時間をとったり...たまに二人で出かけてみたり...そういう風にこれからも過ごしていけたらいいんじゃないかな...。

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。