2013年4月アーカイブ

助産師として夫婦として

助産師の仕事...生命の誕生を目の当たりにするこの仕事は本当にすばらしいものです。

小さな小さな赤ちゃん、苦しみながら我が子を産んでとっても幸せな顔をするお母さん。

親子の初対面を見る時にはいつも感動です。

だけどいつもそんな幸せな一面を見られるとは限っていません。

どうしても不幸な結果になってしまうことがあるんです。

そんな時はこちらも重たく悲しい気持ちになります。

うちは夫婦で助産師という同じ仕事をしているので全てを語らなくてもそういうことがあった日には相手の行動というか雰囲気で察知出来ちゃうんですよね。

励ますわけでもなくそのことについて語り合うわけでもなく無言であるものの少しだけ気持ちが楽になるんですよね...。

 

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。